2008年06月04日

頚椎症・その後

前回、「頚椎症」と診断されたと書きました。
今回はその後の経過を書いておこうと思います。


病院には2件行きました。

最初に行ったのは整形外科で、レントゲンを撮ってもらい、頚椎症との診断を受けました。

牽引とマッサージで改善するかも知れないので、時間がある時にリハビリに来てください、と言われ、1週間くらいは通ったのですが、もう行くのを止めました。

牽引やマッサージを受けると、却って痛みがひどくなるような気がしたので。

その後、総合病院に行ったのですが、整形外科と脳神経外科の両方を受診し、やはり診断は変わらず。

牽引をしてもらった、と伝えると、「牽引?フフン」とバカにしたように笑われました。

その先生の考えでは、牽引にはまったく効果がなく、お金と時間の無駄、ということでした。

その病院では、手術・神経ブロック注射という選択肢が増えたのですが、手術はかなり大掛かりだし、注射はまったく根本的な解決にはならないので、どちらも受けないつもりです。

東洋医学に救いを求め、整体・鍼などに行っていたのですが、あまり「ここなら治るかも」という希望を持てるところを見つけられず、5回ほど通ってはやめる、という状態が続いていました。

最近やっと、頚椎症を専門的に扱ってきたという鍼灸治療院を見つけ、本格的に通っているところです。

今3回通ったところで、これまでは枕をものすごく高くしないと仰向けに寝られなかったのが、普通の高さの枕で眠れるくらいまで改善してます。

腕の痺れはありますが、痛みはかなり軽くなっています。

このまま通っていれば治るという希望を持てました。


posted by デリック at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 頚椎症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99341899

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。