2007年09月20日

痛い施術その3

痛い施術をする整体院の3ヵ所目です。

そこはこれまでの2ヵ所とは違い、施術自体は激痛というほどでもなかったのですが・・・。

その整体院では、矯正に大きな木槌を使いました。
木槌で背中や腰や首をガンガン叩くのです。
それほど痛くはなかったですが、木槌で体を叩かれるのはあんまり気持ちのいいものではありませんでした。

矯正の前にマッサージをしてくれたので一時的に少しは楽になったのですが、その後の木槌を使った矯正の効果はあまり実感できませんでした。

本当の痛みは翌日から始まりました。
左腕(肘の親指側辺り)に激痛が走ったのです。
日が経つに連れて痛みは激しくなっていき、1週間も経った頃には夜も寝付けない程痛くなってしまいました。

あまりにも痛いので、近所の大きな病院に行きました。
(本当に耐えられないくらいの痛みがある時には、整体や民間療法ではなく、医学に頼ろうとする心理が私にはあるみたいです。)

内科〜整形外科、最後に辿りついた脳神経外科で下された診断は、「頚椎症」というものでした。
頚椎の並びがガタガタになっていて、椎間板が神経を圧迫した結果、左腕に痛みが出ている、との事でした。

治療方法としては、神経ブロック注射か手術、あるいは痛み止めを飲みながら放置するくらいしかない、と言われました。

「急に痛くなったんなら、急に治る事もあり得るから、しばらく痛み止めを飲んで様子を見ましょう」
と先生に言われ、痛み止めを処方してもらいました。

痛み止めを飲んでもあまり効かなかったのですが、2週間くらいで痛みは自然に治まり、少し左腕がしびれるくらいになって、それからまた2週間くらいでしびれも消えました。

その後首のレントゲンは取っていないので首がどんな状態なのかわからないのですが、痛みもしびれも消えたのできっと正常に近い状態にはなっているのだと思います。

頚椎症と前日に受けた整体の因果関係は不明ですが、すっかりトラウマになったので、道具を使ったりあまりボキボキさせる矯正をする整体院には行かないようになりました。


タグ:整体 頚椎症
【関連する記事】
posted by デリック at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛い施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56272575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。