2012年06月19日

ベロ回し体操で肩こり改善

「噛み合わせ」が肩こりの原因になるという話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

噛み合わせを矯正すると肩こりが消える、という話もよく聞きます。

しかし、本格的な噛み合わせ矯正には時間(大体6ヵ月以上くらい)とお金(大体数十万円以上)がかかります。

2011年12月に、「世界一受けたい授業」の中で、簡易的に噛み合わせをよくする体操として「ベロ回し体操」が紹介されました。


ベロ回し体操とは、口の中でベロを歯の表面に沿って回すだけの簡単な体操です。

歯の外側、口の内側をなぞるように大きく、2〜3秒に一回転くらいの速さでベロを回すのです。

目標は、左へのベロ回し50回、右へのベロ回し50回。

最初にベロ回し体操を体験した時は、左右20回ずつくらいで顎というか舌の付け根というか首の奥深い所というか、が痛くなりました。

軽い筋肉痛のような痛みです。

その辺りの筋肉を使っていなかったということなのでしょう。

それから日々ベロ回しの回数を増やしていき、何とか左右50回ずつできるようになった頃には、慢性的な肩こりが大分マシになりました。

花粉症の季節はマスクをしてベロの動きが他人に見えないので、通勤時に歩きながらベロ回し体操をしたりもしていました。

私の場合、首の横、耳の下から鎖骨に向かう胸鎖乳突筋がガチガチに固まっていたのですが、この胸鎖乳突筋がベロ回し体操でかなりゆるんだような気がしています。

これまで首のストレッチなどを繰り返しても中々ゆるまなかった胸鎖乳突筋がベロ回し体操でゆるむとは新しい発見でした。

簡単な体操なので、肩こりでお悩みの方は試してみることをお勧めします。


posted by デリック at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。